妊婦の上手な歯磨き方法 - 妊娠時のケアに有効な事

妊婦歯医者相談所 - 妊娠中の歯の治療について
トップへ戻る

ナタリーデンタルクリニックは歯を失った患者様に他の歯に影響のしないインプラント治療をおすすめしています。インプラント治療の特徴とメリット・デメリットをお教えし、患者様にベストな治療法を提供致します。

【妊婦と歯磨き 】

妊娠時の上手な歯磨き方法

妊娠すると、カルシウムが子供に吸われるから歯が傷むという事を聞きますが、迷信で、妊娠したから虫歯になっても仕方ないという考えは、とても危険です。

しっかりお口のケアができていれば、虫歯や歯周病を発症させずに乗り切ることができますので、諦めてはいけません。ここでは、妊娠時の歯磨きのコツについて考えてみましょう。

つわりで歯磨きができない…そんなときはどうしたらいいのか?

歯ブラシの方法を改善する

つわりの時は、のどに近い場所ほど敏感です。奥歯を磨く場合は、のど付近に触れないように手前側に歯ブラシを動かしましょう。それでも難しい場合は、頭の小さなサイズの歯ブラシに変えてみるのも効果的です。

また、たまった唾がのどに流れる刺激も嘔吐感を引き起こすので、顔を下に向けて歯を磨いてみましょう。

歯磨き粉の香りを抑える

歯磨き粉の芳香剤が、妊娠時には苦痛となることがあります。歯磨き粉の量を減らすか、香りの少ないものに変えてみましょう。歯磨き粉を使わなくても構いません

妊娠時のお口のケアに有効なもの

妊娠時は、いつもより念入りにお口のケアをする必要があります。妊婦さんにとって便利な道具たちを紹介します。

デンタルフロスや歯間ブラシ

通常の歯磨きの後に行います。歯ブラシでは取ることのできない、歯と歯の間を積極的に磨くことができます。歯ブラシでは取り切れなかった食べかすも落とすことができます。

虫歯が始まっているポイントでは、フロスの糸が引っかかることもありますが、結果的に虫歯の早期発見につながるという効果も期待できます。

洗口剤(マウスウォッシュ)を使う

本来は、歯磨きと合わせて補助的に使われるものですが、どうしても歯ブラシを受け付けない場合には、マウスウォッシュだけでも使いましょう。

歯磨きは難しい、マウスウォッシュも気持ちが悪いとなれば、水でうがいするだけでも忘れずに行いましょう。

キシリトールガム

虫歯にならないキシリトールのガムを噛むことで、唾液の分泌を促します。唾液は口腔内を綺麗に保ってくれます。

口の中に残った食べかすの除去も期待できます。1日4個、毎日続けましょう。ただしキシリトールの配合率は商品によってまちまちです。100%のものを選びましょう

ただし、キシリトールは吸収されずそのまま流れだすため、下痢になりやすいというデメリットがあります。体に合わないと感じたら、控えましょう。

倦怠感に負けないように、頑張ることが大切

おなかが大きくなってくると、動くこと自体が億劫になります。しかし虫歯菌は人から人へ伝染するため、母親の歯の健康は、産まれてくる赤ちゃんの歯そのものに直接関係してきます。

ここは頑張りどころと考え、いろいろと工夫してお口のケアを試みましょう。

  • 妊婦歯医者相談所トップへ
  • 妊婦と虫歯
  • 妊婦の歯周病
  • 妊婦の歯科治療
  • 妊娠初期・後の注意点
  • 酸蝕歯
  • 妊娠と矯正の関係
  • 妊婦と歯磨き
  • 妊婦と親知らず
  • 出産後・授乳中の注意点