妊婦歯医者相談所 - 妊娠中の歯の治療について

妊婦歯医者相談所 - 妊娠中の歯の治療について
トップへ戻る

ナタリーデンタルクリニックでは歯を全て失ってしまった方でも治療できるオールオン4インプラントも可能な歯科医院です。安心・安全基準のインプラントセーフティーマークを取得している歯科なのでより安全な治療が可能です。

妊娠中の歯医者についての疑問を解決します。

歯医者は、妊婦さんの味方です

妊婦

妊娠すると、様々な悩みを抱えることになりますが、その中でも虫歯は、多くの妊婦さんに共通する問題です。

「妊娠すると、虫歯になるって本当?」「でも、お腹の赤ちゃんが心配で治療なんて受けられないのでは?」と、心配する声はいくつも聞かれます。

女性は元々、ホルモンバランスの影響により虫歯を抱えやすい体質である事がわかっています。妊娠中は普段以上に虫歯になりやすい状態になっていくため、妊婦さんにとって虫歯は天敵なのです。
これから産まれてくるお子様のためにも、しっかり知識を身に付けて対策しましょう。

妊婦前に虫歯治療をおすすめする理由

妊娠すると、歯にとって悪い環境となってしまう為虫歯治療はおすすめです。普段よりもストレスや怠惰感を抱え込みやすくなります。歯磨きを面倒に感じる方がほとんどです。その上、個人差こそありますが、つわりにより歯磨きはさらに困難なものになります。

その上、唾液が減り、口の中が粘つきます。虫歯や歯周病がそれまで以上に進行します。

歯周病は早産のリスク・虫歯治療は制限がある

虫歯も怖いですが、歯周病は早産の原因になることが、近年の研究で明らかになっています。将来のお子様のため、かならず対処しましょう。
又、妊娠中は虫歯治療できない訳ではないが、制限があります。
妊娠期間中は、胎児への影響を考慮しながら治療や投薬を行わなければいけませんので、大きな制限を受けます。状況次第では治療を行えず、応急処置で乗り切る場合もあります。

しばらく歯医者に通っていなかった妊婦さんに気をつけたい事

腹を触る妊婦

妊婦すると、酸っぱいものや甘いものを食べたくなるものです。甘いものは虫歯菌により酸に変えられてしまい、歯を溶かします。酸っぱい食べ物は、酸性なので菌を介さずに歯を直接溶かします。

さらに、お腹が圧迫され一度に多くの食べ物を食べられなくなると、少しずつ間食するなどの工夫をして栄養をとらなければなりません。この間食が虫歯になりやすい環境をさらに作り出します。

しっかり歯磨きして、お口のケアができていれば問題ありませんが、つわりなどの影響でそうもいかないのが妊娠期間中です。

歯が痛みだした場合、不安な場合は歯科で相談を!

歯が痛んでも、レントゲンや麻酔を避けたいがために、我慢しつづける妊婦さんが多くいらっしゃいます。歯の痛みは大きなストレスになりますので、決して良い事ではありません。

妊娠期間中も、そのタイミングによっては十分な治療が可能です。
また妊娠中に適したブラッシング方法などもアドバイスすることができます。
又、妊娠前には親知らずの抜歯を検討しましょう。

妊娠期間中は、特に親知らずが痛むケースが多いようです。妊娠中の抜歯は負担が大きいため、できれば妊娠前の体調が良い時に親知らずの抜歯をご検討ください。

妊娠中の歯医者について6つの疑問点にお答えいたします

  • 注意!妊娠中の虫歯の治療法

    虫歯菌

    妊娠中に虫歯になって歯が痛む場合は治療しても良いのか…不安に思いますよね?初期~出産後までの歯科治療について。

  • おそろしい妊娠中の歯周病

    頬を抑える女性

    妊娠中の歯周病は早産にもつながると言われ、大変危険です。なぜ妊娠中に歯周病になりやすのか?などメカニズムを紹介。

  • 妊娠中に注意したい酸蝕歯とは?

    歯

    酸蝕歯とはなにか?妊娠中には発症する可能性が高く口の中が酸性に変化する為、入念なケアが必要に。

  • 妊婦歯医者相談所トップへ
  • 妊婦と虫歯
  • 妊婦の歯周病
  • 妊婦の歯科治療
  • 妊娠初期・後の注意点
  • 酸蝕歯
  • 妊娠と矯正の関係
  • 妊婦と歯磨き
  • 妊婦と親知らず
  • 出産後・授乳中の注意点