【出産後・授乳中の注意点】お口のケアは、産まれた後こそ重要

妊婦歯医者相談所 - 妊娠中の歯の治療について
トップへ戻る

ナタリーデンタルクリニックは歯のない患者様に噛む喜びを取り戻す為により安全・安心なインプラント治療を提供致します。

【出産後・授乳中の注意点】

お口のケアは、産まれた後こそ重要です

一般的には、赤ちゃんを出産する前に虫歯を治すことが重要、とはよく言われておりますが、実は出産後のケアも同じく重要です。普段よりこまめに歯磨きを行い、治療の必要があれば通院する習慣を持たなくてはなりません。

これはお母様自身の歯を守るのはもちろんですが、お子様の歯への意識を高めることにも繋がります

産後は忙しくなりますが、歯磨きをおろそかにしてはいけません

出産後も油断できない、お口の病気

出産後は、無事に赤ちゃんが産まれたことによる安心感と育児による多忙で、自分の口腔内には無頓着になりがちです。妊娠中に進行していた虫歯や歯周病は、治療しないとそのまま悪化していきます

痛みが出始めたなら、ただちにご来院いただくべきですが、虫歯を抑えるという意識をもち、毎日の歯磨きを徹底する事が重要です。

産後は無理に歯磨き粉を使う必要はありません

出産後は、歯磨きが苦痛になる場合が多いようです。その理由として、慣れているはずの歯磨き粉が合わなくなる事が考えられます。

歯磨きにストレスを感じたら、歯磨き粉を使わずに歯を磨いてみましょう。その場合は歯間ブラシやデンタルフロスを併用するべきです。
天然由来の、安全な歯磨き粉をお使い頂くのもお勧めです。

授乳期間中の虫歯は要注意。見つかったらすぐに治療しましょう

通院の際は母子手帳を持参し、授乳期間中であることを忘れずに申告を

当院に限らず、歯科医院へ向かう場合は母子手帳を準備し、授乳期間中であることをお伝えください

抗生物質や鎮痛剤を服用すると、母乳を通じて赤ちゃんに影響がでる場合があるためです。影響の少ないお薬か、場合によっては粉ミルクなどの人工乳に切り替える必要があります。

赤ちゃんへの虫歯感染を、無理に避けようとしない

虫歯は感染症です。母親や父親から、赤ちゃんへ感染することがあります。もちろん、意識的に感染しないよう心がけるのは重要かもしれません。

しかし、親と子のスキンシップも同様に大切です。母親自身がお口のケアをしっかり行い、感染のリスクを減らすよう心がけることが大切です。

出産後の歯科検診をおすすめします

子供にはしっかり歯を磨くよう指示をされても、母親自身は子育てに追われ、自分の歯磨きがおろそかになっているケースが跡を絶ちません。

出産後は、歯に異常がなかったとしても、一度はご来院いただき、歯科検診を受けて頂くことをおすすめします。

虫歯はもちろんですが、歯周病はこの頃に治療せずに放置してしまうと、子供を育てきった頃には、取り返しがつかない程に進行しているケースがあるのです。

さらに、ブラッシング方法についてアドバイスも差し上げます。正しい歯磨きを身につけ、お子様が大きくなったら、是非教えてあげましょう。

  • 妊婦歯医者相談所トップへ
  • 妊婦と虫歯
  • 妊婦の歯周病
  • 妊婦の歯科治療
  • 妊娠初期・後の注意点
  • 酸蝕歯
  • 妊娠と矯正の関係
  • 妊婦と歯磨き
  • 妊婦と親知らず
  • 出産後・授乳中の注意点