早産の原因にもなる妊娠中の歯周病の予防と危険性

妊婦歯医者相談所 - 妊娠中の歯の治療について
トップへ戻る

ナタリーデンタルクリニックは口元を美しくみせる審美歯科から一般歯科、そして最新の歯科治療のインプラントまであつかう歯科です。

【妊婦の歯周病】

絶対に気をつけたい、妊娠中の歯周病

妊娠中は口腔内の病気になりやすいと言われています。その中でもとくに「歯周病」はお母さんにとってはもちろん、子供にとっても大変危険な病気だというのは案外知られていません。

口腔内で起きているトラブルが、なぜ赤ちゃんにまで影響するのか、ぜひこの機会に知っておいてください。

実はとてもおそろしい「妊娠中の歯周病」

妊娠中ならば、子供への影響を考えてタバコやアルコールを控えるという方は多いと思います。それぞれ早産のリスクを抱えているため、ぜひ控えるべきです。

しかし、歯周病は早産の原因となることが近年判明しました。しかもその早産リスクはタバコ・アルコールを超えるのです。

歯周病による炎症が発生すると、サイトカインと呼ばれる物質が増加します。このサイトカインは、子宮の収縮を促す物質であるプロスタグランディンの分泌を引き起こしてしまい、結局は早産の原因となるのです。

このように、ただでさえ危険な歯周病ですが、妊娠中は普段以上に発症しやすくなるため、絶対に油断できないのです。

なぜ、妊娠中は歯周病になりやすいのか?

歯周病の原因菌は女性ホルモンを大変好みます。妊娠中は女性ホルモンが増加するため、歯周病を発症しやすい環境が作られてしまいます。

ただでさえ、つわりなどの影響で歯磨きしにくくなっているため、悪循環を引き起こします。実に妊娠女性の2人に1人が「妊娠性歯肉炎」を発症するのです。

歯肉炎になってしまえば、さらに歯磨きは難しくなり、重度の歯周病へと進行します。当然、早産のリスクが高まってきます。

産まれてくる子供に伝染する歯周病

歯周病は、人から人へと伝染する病気です。妊娠中のお母さんが歯周病に感染していると、血液を介して赤ちゃんへ伝染する場合があるのです。

早産のリスクを抱えている上に、無事に出産できた後でさえ歯周病が付きまとうのです。産まれてくる赤ちゃんのために、歯周病対策を行いましょう。

歯周病にならないために

通常のブラッシングに加えて、液体ハミガキ、デンタルフロス、歯間ブラシを併用しましょう。妊娠中は歯茎が傷つきやすくもなっているので、普段以上に丁寧なケアが必要となります。

キシリトールガムもお勧めですが、口腔内のケアを目的とするならば、必ずキシリトール100%のものを選ぶようにしましょう。100%のキシリトールガムは以外と少ないので、選ぶ際はご注意ください。

強く歯を食いしばることで、歯茎を傷つけてしまう場合があります。これを防ぐためのマウスピースを当院では用意しております。

あらかじめ当院へご相談いただければ、それぞれのお口に合わせた歯ブラシや、正しいブラッシング方法などをアドバイスできます。ひとつひとつの不安を解消し、出産に備えましょう。

  • 妊婦歯医者相談所トップへ
  • 妊婦と虫歯
  • 妊婦の歯周病
  • 妊婦の歯科治療
  • 妊娠初期・後の注意点
  • 酸蝕歯
  • 妊娠と矯正の関係
  • 妊婦と歯磨き
  • 妊婦と親知らず
  • 出産後・授乳中の注意点