親知らずは妊婦の敵妊娠中に痛み出した時の対処方法

妊婦歯医者相談所 - 妊娠中の歯の治療について
トップへ戻る

ナタリーデンタルクリニックは患者様のコミュニケーションを大事に納得のいく治療法の提案や歯医者に対する不安などを改善し、全ての患者様に気持ちよく治療して頂ける歯科を目指しています。

【妊婦と親知らず】

親知らずは妊婦さんの敵

過去に多くの母親が、妊娠時に親知らずが痛みだし、苦しめられているようです。どんなに安定した親知らずであっても、妊娠中となれば話が違うものです。

もっともお勧めなのは、妊娠する予定がなくても、事前に抜歯しておくことです。親知らずの抜歯には若干の心構えが必要ですが、痛みに耐えるよりは遥かに楽でしょう。

親知らずをそのままに妊婦さんとなった方も、手遅れということではありません。タイミング次第では、抜歯は可能であり、痛み止めを含めた応急処置を行うことも十分可能です。

こちらでは、なぜ妊娠時は親知らずが痛むのか、なぜ抜歯をおすすめするのかをご紹介します。

妊娠前に親知らずを抜いた方がよい理由

妊娠中は歯の状態が総じて悪くなる

妊娠中は唾液の量が減り、粘ついてしまいます。また、つわりの影響もあって十分な歯磨きが行えないなど、いくつもの理由が重なって歯が全体的に弱ります

虫歯や歯周病を発症しやすくなるのはもちろんですが、それまでは何ともなかったはずの親知らずが突然痛みやすいのも、妊娠時の特徴です。

効率よく歯磨きができる

親知らずは、そのほとんどが斜めに生えたり、横を向いたりしているため、磨き辛くなっています。ただでさえブラッシングしづらい状態の歯な訳ですが、つわりと吐き気がさらに歯磨きの障害となってしまいます。

あらかじめ抜いておくことができれば、少ない時間で効率よく歯磨きが可能なため、虫歯になりにくいだけでなく、歯磨きの負担を減らすこともできます。

妊娠中に痛み出した親知らず…抜いてもいいの?

痛み出したら、すぐにご相談ください。抜歯は難しくとも、対処は可能です。

タイミングや体調次第では、抜くことが可能

妊娠から5ヶ月目の安定期に入っていれば、母親の体調しだいでは抜歯ができる可能性があります

もちろん麻酔やレントゲンを使用する場合がありますが、もともと歯科で使用されるものは胎児への影響についてほとんど心配はありません。慎重に慎重を重ねる意味で、安定期に入った頃を見計らいます。

抜いた後の痛み止めも、胎児への影響が少ないお薬を処方することになりますのでご安心ください。

洗浄や消毒で乗り切ることも可能

仮に、妊娠初期や後期、また安定期であっても状況がよくない場合は、応急処置として洗浄や消毒を行い、出産まで乗り切るという方法もあります。

無駄なストレスを抱え込まないように

妊娠中に歯の治療、ましてや薬を飲むなどもってのほか、という考えのお母様は非常に多いようです。しかし当の本人に、いくら我慢をする覚悟ができていたとしても、ストレスは抱え込んでしまうものです。

妊娠中の抜歯は、十分可能ではありますが、少なからず負担もあります。できるならば、妊娠前の健康な時に抜いておくのがベストであり、後悔することもないでしょう。

  • 妊婦歯医者相談所トップへ
  • 妊婦と虫歯
  • 妊婦の歯周病
  • 妊婦の歯科治療
  • 妊娠初期・後の注意点
  • 酸蝕歯
  • 妊娠と矯正の関係
  • 妊婦と歯磨き
  • 妊婦と親知らず
  • 出産後・授乳中の注意点